• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

ここから本文です。

更新日:2017年4月14日

協働相談窓口

多様な主体の協働をコーディネートします

地域団体やNPOなど多様な主体と協働してまちづくりを進めていくため、みのお市民活動センター及び生涯学習・市民活動室では、協働相談窓口を設置し、課題解決のための柔軟な連携をコーディネートしています。

市や市教育委員会の各部局との協働等、コーディネートを希望される場合は、みのお市民活動センターまたは生涯学習・市民活動室にご相談ください。

 

主な相談先

  • NPOからの相談…みのお市民活動センター(指定管理者:特定非営利活動法人市民活動フォーラムみのお)
  • 市の各部局からの相談…生涯学習・市民活動室 (箕面市役所別館2階26番)

窓口に寄せられた相談は、必要に応じて関係部局等に情報を提供、または協力を依頼し、課題共有の場(ラウンドテーブル)を設けるなどして、解決に向けて調整・検討していきます。

なぜ協働するの?

行政とNPOは、ともに公共的な領域で活動し社会的な課題を解決することを目指している存在であることから、公共的な領域・まちづくりにおいてさまざまな協力関係を持つことが求められています。

それぞれが、公共的な領域において相互の特性を認め合い、共通の目的や課題解決を目指して役割と責任の分担のもとに協力することを「協働」といいますが、協働によって公共的サービスの内容を豊かにし、効率的、効果的なものとすることが可能になります。

箕面市NPOとの協働に関するガイドライン(PDF:213KB)より)

どのような事業を相談できるの? 

主に、以下のような事業を想定しています。

  1. 提案団体が主体となって事業を企画し、実施する事業。
  2. NPOと市がそれぞれ単独で事業を実施するよりも、協働で事業を実施することで相乗効果を生み出すことができ、より大きな効果を市民に還元できる事業。

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:人権文化部生涯学習・市民活動室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6729

ファックス番号:072-721-9907

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?