文字サイズ・色合い変更

  • 教育委員会トップへ
  • 箕面市トップへ

本文へジャンプします。

ここから本文です。

箕面市立第一中学校 > 災害時の対応

更新日:2016年6月22日

災害時の対応

このたび箕面市立第一中学校の敷地内すべてが「土砂災害の危険区域」に指定されました。このことにより大阪管区気象台から箕面市に「土砂災害警戒情報」が発表された時点で休校とします。また、生徒が学校にいるときは、学校から西小へ避難させ、安全を確保しますが、大雨などで外に逃げるのが危険な場合は、無理に避難所へ向かわず、校舎の2階以上に上がるなど建物内の安全な場所へ避難させます。

今後、箕面市立第一中学校では、箕面市に「土砂災害警戒情報」が、箕面市または北大阪に「暴風警報」「大雨特別警報」「暴風特別警報」が発令された場合は、次のような対応といたします。
ただし、自宅が「土砂災害の危険区域」に入っている場合で、土砂災害や浸水の危険があるときは、市が避難所(西小または箕面小)を開設し、市からみなさんに避難についてお知らせします。

(1)午前7時の時点で、箕面市に「土砂災害警戒情報」が、箕面市または北大阪に「暴風警報」「大雨特別警報」「暴風特別警報」のいずれかが発令されている時は、登校を見合わせて自宅で待機してください。
 
(2)午前7時以降、家を出るまでに箕面市に「土砂災害警戒情報」が、箕面市や北大阪に「暴風警報」「大雨特別警報」「暴風特別警報」のいずれかが発令された時も登校を見合わせてください。
 
(3)午前9時までに「土砂災害警戒情報」「暴風警報」「大雨特別警報」「暴風特別警報」が解除された時は、その時点で登校してください。
 
(4)午前9時の時点で「土砂災害警戒情報」「暴風警報」「大雨特別警報」「暴風特別警報」のいずれかが発令中であれば、休校とします。

なお、生徒が在校中に「土砂災害警戒情報」「暴風警報」「大雨特別警報」「暴風特別警報」が発令された場合は、天候や周辺地域の状況を見極めて下校時間を早めて下校させるか、ある程度落ち着くまで学校で待機させるか、必要に応じて市教育委員会事務局と連携・調整のうえ判断します。

土砂災害の危険区域

人家や道路に近く、地形や過去のデータから土石流の危険がある場所や、傾斜角度30度以上で高さ5メートル以上の急傾斜地などのうち、土石流やがけ崩れなどの被害が出るおそれのある場所を示しています。

防災マップ1中
参照:箕面市の台風・豪雨時の避難

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:箕面市立第一中学校 

箕面市新稲3-2-1

電話番号:072-721-2392

ファックス番号:072-722-3779