• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 広報 > 報道資料 > 平成24年度報道資料 > (報道資料)府内初!一般教養試験をSPI2へ移行!有資格技術者は1次試験免除!~「公務員試験対策」は不要になります~

ここから本文です。

更新日:2012年5月10日

(報道資料)府内初一般教養試験をSPI2へ移行有資格技術者は1次試験免除~「公務員試験対策」は不要になります~

箕面市では、「やる気」と「豊かな創造力」のある優秀な職員を幅広く求めるため、平成24年度採用試験から、企業で実績の多い「総合能力試験(SPI2)」を導入します。いわゆる「公務員試験」を完全に廃止し、第1次試験を「総合能力試験(SPI2)」に移行する市町村は府内で初めてです。

公務員試験対策は必要なくなるため、公務員志望のかただけでなく、民間企業志望のかたにも広くチャレンジしていただけるようになります。

また、技術職員が不足しているため、1・2級土木施工管理技士など専門性が高い特定の資格があるかたを対象に新たな受験区分を設け、第1次試験を免除します。

併せて、(財団法人)箕面市文化振興事業団でも文化振興に情熱を持つかたを職員募集します。

 1. 新たな試験制度の概要

箕面市では、「やる気」と「豊かな創造力」のある優秀な職員を幅広く求めるため、平成24年度採用試験から、企業で実績の多い「総合能力試験(SPI2)」を導入します。いわゆる「公務員試験」を完全に廃止し、第1次試験を「総合能力試験(SPI2)」に移行する市町村は府内で初めてです。

これまで箕面市は、北摂7市で行う共同職員採用試験に参加してきましたが、今年度より独自試験に切り替えます。

(1)第1次試験に「総合能力試験(SPI2)」を導入

多くの民間企業が採用試験に導入している「総合能力試験(SPI2)」は、社会人全般に求められる基本的な資質を「能力」と「性格」の2領域から測定していく試験です。いわゆる「公務員試験対策」は必要なく、公務員志望のかただけでなく、民間企業志望のかたにも広くチャレンジしていただけるようになります。

(2)土木施工管理技士、一級建築士など有資格技術者は、第1次試験を免除

土木職などの技術系の職員が不足しているため、1・2級土木施工管理技士など特定の資格があるかたを対象に新たな受験区分を設け、第1次試験を免除します。

2. 採用人数、採用時期など

今回の試験では、平成25年4月採用予定の行政職(注)で18名の採用を予定しています。消防職は4名の募集で平成24年10月1日の採用予定です。

なお、高校卒業予定者を対象とした採用試験は、9月に実施する予定です。 

(注)今年度から、従来の事務職・技術職を合わせて行政職としています。

 採用試験新制度のポイント

3.(財団法人)箕面市文化振興事業団の職員募集

(注)(財団法人)箕面市文化振興事業団の職員募集については、延期となりました。

(財団法人)箕面市文化振興事業団では、市民文化の高揚を図るため、落語や芝居などの各種催しの企画及び実施、メイプルホールなど文化施設の運営などを行っています。

文化芸術(音楽、演劇、舞踊、美術など)の活動経験または舞台づくりに関心があり、今後の箕面市の文化振興に情熱を持つかたを職員として募集します。採用予定は平成24年9月1日です。 ぜひご応募ください。

 参考資料

 1.募集内容

(1)行政職 (採用予定日 平成25年4月1日)

  • 募集予定人員 18人

受験区分

受験資格

  区分A

(事務系、技術系を問わない、第1次試験は大卒程度試験)

  下記の1、2のいずれかに該当するかた

1 昭和56年4月2日から平成3年4月1日までに生まれたかた

2 平成3年4月2日以降に生まれたかたで次に掲げるかた

(1)学校教育法による大学を卒業したかた

(2)学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業したかた

(3)学校教育法による高校を卒業したかた

(注)(1)(2)は平成25年3月までに卒業する見込みのかたを含みます。

区分B

(第1次試験免除)

  下記の1に該当するかたで、2に掲げる資格のいずれかを所持しているかた

1 昭和52年4月2日以降に生まれたかた

2 技術士、一級建築士、1・2級土木施工管理技士、1級建築施工管理技士、建築設備士、1・2級管工事施工管理技士、1・2級電気工事施工管理技士

 (2)消防職(採用予定日 平成24年10月1日)

  • 募集予定人員 4人

受験資格

次の最終学歴ごとの年齢要件を満たすかた

大学卒:昭和61年4月2日以降に生まれたかた

短大・高専卒:昭和63年4月2日以降に生まれたかた

高校卒:平成2年4月2日以降に生まれたかた

 2.募集要領

  • 募集案内・申込書の配布 5月14日から市ホームページからダウンロード(箕面市役所でも配布)
  • 申込方法 必ず、郵送による申込とインターネットによる申込の両方を行ってください(両方の手続きを行わないと失格となります
    郵送申込・・・下記の書類を箕面市総務部職員課へ郵送 
      ・本人自筆のエントリーシート 
      ・「北大阪急行線延伸によって、箕面市はどのように変わるか」をテーマとした2001字以上2400字以下(400字詰めA4原稿用紙6枚)の自筆の小論文など
    インターネット申込・・・市ホームページで必要事項を入力
  • 申込受付期間 6月7日から6月14日(郵送申込は6月14日消印有効、インターネット申込は6月14日午後5時まで)
  • 第1次試験(受験区分Bは免除)の日程等
    試験日・・・7月6日、7日、9日、10日、11日、12日、13日のうちいずれか1日
    会場・・・(株式会社)リクルートテストセンター大阪常設中津会場
    試験内容・・・総合能力試験(SPI2)
    ※応募者が所定の人数(行政職は受験区分A、Bあわせて500人、消防職は100人程度)を超える場合、第1次試験(行政職の受験区分Bについては、第2次試験)の前に、書類選考を行います。 
  • 第1次合格発表 7月20日
  • 第2次以降試験の日程等
    試験日・・・8月上旬以降(消防職は7月下旬以降)
    会場・・・箕面市内試験会場
    方法・・・面接など(詳細については別途通知)
  • 最終合格発表 9月上旬以降 (消防職は8月上旬以降)
  • 採用予定日 平成25年4月1日(消防職は平成24年10月1日) 

3.(財団法人)箕面市文化振興事業団職員の募集

(注)(財団法人)箕面市文化振興事業団の職員募集については、延期となりました。

箕面市の文化芸術の振興と文化施設(箕面市立メイプルホールなど)の管理運営を行っている(財団法人)箕面市文化振興事業団でも、職員を募集しています。

(1)募集内容

  • 募集職種 常勤職員
  • 募集人数 1人
  • 職務内容 文化振興に関する業務全般(市民文化の向上、教養の増進をはかる催しや地域・団体と連携した催しの企画・実施など)
  • 受験資格 次の全てを満たすかた
    (1)採用予定日現在、40歳以下のかた(長期勤務によるキャリア形成のため)
    (2)文化芸術(音楽、演劇、舞踊、美術など)の活動経験があるかた、または舞台づくりに関心があり、文化振興に情熱を注げるかた
    (3)パソコン(ワード、エクセルなど)を使った業務が可能なかた
    (4)普通自動車運転免許を有するかた

(2)募集要領

  • 募集案内・申込書の配布 5月14日から箕面市立メイプルホール、グリーンホール(箕面市立市民会館)、箕面市人権文化部文化スポーツ課で配布(文化振興事業団ホームページからダウンロード可)
  • 申込方法 箕面市立メイプルホールへ持参
  • 申込受付期間 6月1日から6月14日
  • 1次選考 書類選考
  • 2次選考
    試験日・・・7月8日
    方法・・・一般教養試験、適性検査、論文
  • 3次選考
    試験日・・・7月22日
    方法・・・面接
  • 最終合格発表 7月24日(予定)
  • 採用予定日 平成24年9月1日

(注)募集案内はいずれも5月14日から配布及びホームページからのダウンロードが可能です。  


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部人事室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6707

ファックス番号:072-723-2096

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?