• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 広報 > 報道資料 > 平成23年度報道資料 > (報道資料)東日本大震災で被災されたかたの入居申込を受け付けます

ここから本文です。

更新日:2011年4月8日

(報道資料)東日本大震災で被災されたかたの入居申込を受け付けます

箕面市では、東日本大震災で被災されたかたの一時避難先として、市民の皆さんのご協力により、一般のご家庭へのホームステイ(30件程度)、社宅・社員寮等(7室)を提供しています。

このたび、新たに市営住宅(10戸)への入居申込を4月11日(月曜日)から受け付けます。

箕面市では、東日本大震災で被災されたかたの避難先として、以下の宿泊場所を提供します。

募集中の物件

 

宿泊場所

募集件数

募集状況

募集開始時期

滞在期間等

付加事項

1

一般のご家庭

30件程度

募集中

3月25日(金曜日)

原則1か月

 

  1. 空き部屋、二世帯住宅の一部、マンションの空き室、空き家や別棟など色々な住居スペースがあります。
  2. 食事はご提供いただける場合や、台所等を利用し、ご自身で準備していただく場合などがあります。
  3. 家賃は無料です。

2

社宅・社員寮等

7室(1K)

募集中

4月1日(金曜日)

概ね6か月

女性のみ

  1. 家賃は無料です。
  2. 光熱水費(共益費)はご自身で負担していただきます。

3

市営住宅

10戸

募集開始

4月11日(月曜日)

1年程度

 

  1. 部屋は2DK(5戸)と3DK(5戸)があります。
  2. お風呂は2戸(2DK、3DKそれぞれ2戸)のみ利用でき、残りは共同となります。
  3. 駐車場は6台分、空きがあります。ご利用の場合は同時に申し込みください。
  4. 家賃・敷金、駐車場代は無料です。
  5. 光熱水費・共益費はご自身で負担していただきます。

 

今回は、上記募集中の物件一覧のうち、3(市営住宅)に入居を希望されるかたの申込みを受け付けます。

対象者

次の条件を満たすかたに限ります。

  1. 東日本大震災により被災されたかた
  2. 入居先が決定した後、ご自身で箕面市役所までお越しいただけるかた

受付期間

平成23年(2011年)4月11日(月曜日)から先着順

(受付時間は午前8時45分から午後5時15分の開庁時間のみ)

受付方法

  1. 事前に人権国際課(電話:072-724-6720)にお電話ください。
  2. 先着順に対応します。ファクス、メールでは申込みできません。
  3. お住まいだった場所等についてお聞かせいただきます。住所・本人確認できる資料(自動車運転免許証、健康保険証など)や罹災証明書をお持ちの場合は来庁時にご持参ください。
  4. 入居先が決定した後、箕面市役所に来庁いただき、所定の手続きをしてからの入居となります。

参考:今後の募集予定

 

宿泊場所

募集件数

募集状況

募集開始時期

滞在期間等

付加事項

4

社宅・社員寮等

30室程度

準備中

未定

概ね6か月

 

5

看護師寮

20室

準備中

4月下旬

概ね6か月

女性(小学3年生までの子ども連れ可)

問い合わせ先

人権文化部 人権国際課(別館2階25番窓口)
電話:072-724-6720(平日の午前8時45分から午後5時15分のみ)
ファクス:072-721-9907

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:人権文化部人権施策課 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6720

ファックス番号:072-724-6010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?