• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > よくある質問 > 市税 > 平成25年に建築した住宅の固定資産税が、平成29年度から急に高くなりましたが、どうしてですか。

ここから本文です。

更新日:2017年11月24日

平成25年に建築した住宅の固定資産税が、平成29年度から急に高くなりましたが、どうしてですか。

質問

平成25年に建築した住宅の固定資産税が、平成29年度から急に高くなりましたが、どうしてですか。

回答

新築の住宅で一定の要件を満たす場合、新たに固定資産税が課税されることとなった年度から3年度分(3階建以上の中高層耐火住宅(マンション)などは、5年度分)、税額が2分の1に減額されます。

ただし、都市計画税は減額されません。また、住宅1戸あたり120平米を超える部分は減額されません。


■減額される期間
・一般住宅は、新築後3年度分
(3階建以上の中高層耐火住宅(マンション)などは、5年度分)
・長期優良住宅は、新築後5年度分
(3階建以上の中高層耐火住宅(マンション)などは、7年度分)

■ご質問のケースの場合
平成26、27、28年度分の固定資産税は税額が2分の1に減額されており、平成29年度はこの減額適用期間が終了し、本来の税額に戻ったためです。

<問い合わせ先>
担当室名・電話番号
固定資産税室(家屋グループ)・072-724-6712

<窓口の場所>
固定資産税室(家屋グループ)
西小路4-6-1
市役所別館1階市税総合窓口

画像小のキャプション

画像小のキャプション

お問い合わせ

所属課室:総務部固定資産税室 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-6712

ファックス番号:072-723-5538

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?