箕面市 > よくある質問 > くらし・環境 > 戸籍・住民登録・パスポート > 市役所で証明書を取るときは、何を持って行ったらいいですか。

更新日:2017年11月21日

ここから本文です。

市役所で証明書を取るときは、何を持って行ったらいいですか。

質問

市役所で証明書を取るときは、何を持って行ったらいいですか。

回答

必要な証明書と手続きに来庁されるかたによって、持参していただくものが異なります。

■住民票の写し、住民票記載事項証明書
《本人の場合》
本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)、認め印(自署できない場合のみ)

《代理人の場合》
代理人の本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)、代理人の認め印(自署できない場合のみ)
代理人が本人と同一世帯でない場合は、委任状または請求理由を証明できる書類が必要です。

■印鑑登録証明書
《本人の場合》
印鑑登録証(マイナンバーカードを印鑑登録証としている場合はマイナンバーカード)、認め印(自署できない場合のみ)

《代理人の場合》
証明書が必要な人の印鑑登録証、代理人の認め印(自署できない場合のみ)

■戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄・抄本)など、戸籍の附票の写し(本籍地で請求してください)
《本人の場合》
本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)、認め印(自署できない場合のみ)

《代理人の場合》
代理人の本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)、代理人の認め印(自署できない場合のみ)
代理人のかたが同一戸籍もしくは直系親族でない場合は、委任状または請求理由を証明できる書類が必要です。

■身分証明(本籍地で請求してください)
《本人の場合》
本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)、認め印(自署できない場合のみ)

《代理人の場合》
委任状、代理人の本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)、代理人の認め印(自署できない場合のみ)

■独身証明(本籍地で請求してください)
《本人の場合》
本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)、認め印(自署できない場合のみ)

《代理人の場合》
代理人が請求することはできません。

■税関係の証明書(市・府民税、固定資産税、軽自動車税などの課税証明書、納税証明書など)
《本人の場合》
本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)、認め印(自署できない場合のみ)

《代理人の場合》
代理人の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)、代理人の認め印
代理人が本人と同居の家族でない場合は、委任状が必要です。

詳しくは「戸籍・住民登録・パスポート(2.証明書がほしいときは)のページ」「税務証明の内容について」「本人確認書類についてのページ」「委任状などの見本のページ」をご覧ください。

お問い合わせ

所属課室:市民部窓口課 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6726

ファックス番号:072-724-0853

所属課室:総務部税務課 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-6709

ファックス番号:072-723-5538

所属課室:市民部豊川支所 

箕面市粟生間谷西1-2-1

電話番号:072-729-4058

ファックス番号:072-730-2196

所属課室:市民部止々呂美支所 

箕面市下止々呂美953

電話番号:072-739-0355

ファックス番号:072-732-2195

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?