箕面市 > 子育て・教育・文化 > 教育 > 就学援助・奨学資金 > 就学援助制度(入学準備金)

更新日:2018年1月19日

ここから本文です。

就学援助制度(入学準備金)

就学援助とは、所得を要件(生活保護に準ずる程度)に、学用品費や給食費など、学校で必要な費用を保護者のかたへ援助する制度です。そのうち入学時の準備などにかかる費用についての援助費(入学準備金)を、入学前の3月に給付いたします。

希望されるかたは、下記の申請資格などをご確認の上、申請書に必要事項をご記入いただき、学校生活支援課に提出してください。(ただし、現在小学校6年生ですでに就学援助の認定を受けているかたは、学校への提出になります。)

提出された書類は、教育委員会において審査を行い、認定または不認定の結果を郵送にて通知いたします。(ただし、現在小学校6年生ですでに就学援助の認定を受けているかたは、学校を通じて認定結果を通知いたします。)

箕面市立小学校入学者

就学援助(入学準備金)給付のお知らせ(平成30年度小学校入学者用)(PDF:1,892KB)

(1)申請資格

箕面市内に居住し、4月から箕面市立小学校に入学を予定している幼児の保護者で、経済的な理由によって就学させるための援助が必要なかた

ただし、下記に該当するかたを除きます
1.4月1日までに箕面市外へ転出されるかた
2.箕面市立小学校以外へ進学を予定されているかた
3.生活保護を受給されているかた(生活保護費から給付されます)

(2)申請期間・受付場所

  • 平成30年1月22日(月曜日)から平成30年2月15日(木曜日)までの8時45分から17時15分まで(土曜日、日曜日、祝日を除く)
  • 受付期間後に箕面市への転入を予定しているかたは個別に対応しますので、転入後すみやかに申請してください。(最終受付は3月31日)
  • 支所では受け付けていませんのでご注意ください。

(3)認定基準(基準は年度により異なります)

次のA、Bいずれかに該当する世帯

A.入学する年の前々年の世帯全員の所得金額(同一住居に居住し生計を一つにするかた及び居住が別でも経済的に一体性を有するかたの給与所得控除後の額などの世帯合算額)が次の金額以下であること

生活保護法による需要額(世帯構成人数、個人年齢、住宅状況などによって異なります。)の1.2倍

B.次のいずれかの項目に該当する世帯

1.児童扶養手当(ひとり親家庭などが対象)が支給されている。(児童手当ではありません。)
2.災害などに罹災し、世帯における経済状態・生活状況が著しく悪化している。

(4)提出するもの

1.申請書(PDF:123KB)

  • 申請する幼児1人につき1枚ずつの記入が必要です。
  • 必ず所得申告を済ませて申請してください。未申告の場合は認定できません。
  • 入学する年の前年の1月2日以降に他市より転入されたかたは、世帯全員分の所得を証明する書類が必要です。(源泉徴収票の写し、確定申告書控え、課税証明の写しなどを提出してください。)

申請書記入見本(PDF:141KB)

2.請求書(新小学校1年生用)(PDF:36KB)

請求書記入見本小学校(PDF:56KB)

3.2の口座番号が確認できるもの(通帳・キャッシュカードなど)※申請窓口での提示のみ
4.認定要件Bに該当することを証明する書類(該当しないかたは不要です。)

  • 児童扶養手当が支給されている…「児童扶養手当証書」の写し
  • 災害などに罹災した…「罹災証明書」の写しおよび現在の経済状態を証明する書類(給与明細など)

箕面市立中学校入学予定者

就学援助(入学準備金)給付のお知らせ(平成30年度中学校入学者用)(PDF:1,871KB)

(1)申請資格

箕面市内に居住し、4月から箕面市立中学校に入学を予定している児童の保護者で、経済的な理由によって就学させるための援助が必要なかた

ただし、下記に該当するかたを除きます
1.4月1日までに箕面市外へ転出されるかた
2.箕面市立中学校以外へ進学を予定されているかた
3.生活保護を受給されているかた(生活保護費から給付されます)

(2)申請期間・受付場所

ア、箕面市立小学校6年生で、すでに就学援助を受けているかた

別途、1月中旬に小学校よりご案内します(在籍している小学校へ申請書のみ提出してください)。入学準備金の給付は、3月上旬に学校経由で給付します。

イ、新規で申請されるかた

  • 平成30年1月22日(月曜日)から平成30年2月15日(木曜日)までの8時45分から17時15分まで(土曜日、日曜日、祝日を除く)
  • 受付期間後に箕面市への転入を予定しているかたは個別に対応しますので、転入後すみやかに申請してください。(最終受付は3月31日)
  • 支所では受け付けていませんのでご注意ください。

(3)認定基準(基準は年度により異なります)

次のA、Bいずれかに該当する世帯

A.入学する年の前々年の世帯全員の所得金額(同一住居に居住し生計を一つにするかた及び居住が別でも経済的に一体性を有するかたの給与所得控除後の額などの世帯合算額)が次の金額以下であること

生活保護法による需要額(世帯構成人数、個人年齢、住宅状況などによって異なります。)の1.2倍

B.次のいずれかの項目に該当する世帯

1.児童扶養手当(ひとり親家庭などが対象)が支給されている。(※児童手当ではありません。)
2.災害などに罹災し、世帯における経済状態・生活状況が著しく悪化している

(4)提出するもの(新規申請者)

箕面市教育委員会学校生活支援課へ、次の1から4の書類を提出してください。
1.申請書(PDF:123KB)

  • 申請する児童1人につき1枚ずつの記入が必要です。
  • 必ず所得申告を済ませて申請してください。未申告の場合は認定できません。
  • 入学する年の前年の1月2日以降に他市より転入されたかたは、世帯全員分の所得を証明する書類が必要です。(源泉徴収票の写し、確定申告書控え、課税証明の写しなどを提出してください。)

申請書記入見本(PDF:141KB)

2.請求書(新中学校1年生用)(PDF:36KB)

請求書記入見本中学校(PDF:56KB)

3.2の口座番号が確認できるもの(通帳・キャッシュカードなど)※申請窓口での提示のみ
4.認定要件Bに該当することを証明する書類(該当しないかたは不要です。)

  • 児童扶養手当が支給されている…「児童扶養手当証書」の写し
  • 災害などに罹災した…「罹災証明書」の写し及び現在の経済状態を証明する書類(給与明細など)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局学校生活支援課 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-6760

ファックス番号:072-724-6010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?