• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 教育 > 箕面市教員養成セミナー「ぴあ・カレッジ」 > 「ぴあ・カレッジ」第8回セミナーの様子

ここから本文です。

更新日:2017年9月15日

「ぴあ・カレッジ」第8回セミナーの様子

平成29年(2017年)9月2日、箕面市教育センターにて「箕面市の人権教育・支援教育」をテーマに「ぴあ・カレッジ」第8回セミナーを開催しました。

まず、人権施策課指導主事より箕面市の人権教育について講義がありました。

学校が安心できる安全な場所であるためには、教員が人権感覚を養うことが大切であることを学びました。

人権教育についての講義

 

《受講生の感想より》

【人権教育について】

  • 人と人とのつながりの中で、自分と相手を大切にできるような関係づくりが、お互いの人権を守ることになるということがわかった。
  • 人権を子どもたちに教えるためには、まず教師が日頃から人権について意識する必要があるとわかった。そのうえで、つながりを大切にしながら、子どもと教員だけでなく、家庭・地域と連携をしていくことが学校の役割であるとわかった。

 

次に、人権施策課の指導主事から箕面市の支援教育について講義がありました。

支援が必要な子だけに特別な配慮をするのではなく、クラス全員がわかりやすくするために「ユニバーサルデザイン」の考え方が有効であることを学びました。また、褒められることで幸せホルモン「セロトニン」が分泌されることを体験を通して学びました。

褒めあう受講生の様子

《受講生の感想より》

【講義支援教育について】

  • さまざまな個性をもっている子どもたちがいますが、教育や支援を通じて「互いの違いを良さ」ととらえられるようにすることが大切だと思いました。

 

最後に、保護者の立場から元箕面市内小・中学校の保護者である高田浩行さんにご講義いただきました。

保護者の心情や小・中学校時代の教員の関わりについてお話しいただき、「教員は見える黒子」であるべきということを学びました。

高田さんの講義の様子

さまざまなワークも実施してくださいました。その中で、コミュニケーションは時間を豊かなものにするということを体験を通して学ぶことができました。

コミュニケーションは時間を豊かにすることを学ぶ受講生

《受講生の感想より》

【ともに学びともに育つ箕面の支援教育~保護者の視点から~】

  • 教員として、先入観を持たずに、その子個人を見ることが重要。その子のできること、がんばっていることに目を向ける。
  • 「先入観だけでなく、一人ひとりをしっかり見てほしい」という高田さんの言葉がありました。他の子と比較するのではなく、その子個人として見られる視点を持っておきたいと思いました。
  • 「自分から発することができればコミュニケーションが活発になる。」手話、マカトンを使った経験を聞いて、言葉が出なくてもポーズや手の動きに意味をつけたり、ジェスチャーをしたりしてコミュニケーションがとれることを学びました。

【全体を通しての感想】

  • 今回のお話の多くは、どんな子にも当てはまることであり、教師の支援や働きかけかたによって、保護者のかたや子どもたちに多くの影響を与えるのだということがわかりました。自分も子どもたちの力になれるような支援をしていきたいと改めて思いました。
  • 知らないと気づけないことがたくさんあると思いました。アンテナを張るためには、まず知らなければならない。私も、まずは子どもを一人の人間として向き合っていきたいと思いました。また、子ども同士のつながりって、本当にすごいと感じました。そのつながりを作るのも大切な教師の役割で、「見える黒子」となることへの憧れと責任の大きさを感じました。
  • ビデオを見て、お子さんが周りの友だちとつながっていることがすてきだと感じました。支援担任をしていて、運動会で支援学級の子どもが自分らしく演技できるように支援したり、日々の生活で子ども同士をつなげたりすることが難しいと感じることがありますが、今日のビデオを見て勇気づけられました。「ともに学びともに育つ」教育のよさを感じました。
  • 私は、子ども一人ひとりの成長を子どもやその保護者と一緒に喜ぶことができる先生になりたいと強く思いました。

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局教職員人事室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6997

ファックス番号:072-724-6010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?