• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 教育 > 支援教育

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

支援教育

箕面市の小中学校では、障害のある子どもや特別な支援を必要とする子どもが、通常の学級で「ともに学び、ともに育つ」支援教育を進めています。

小中学校では、支援学級の担任教員と市が独自に配置する支援教育介助員が、他の子どもとの円滑なコミュニケーション支援、学習に集中できる環境づくり、教室移動、着替え、給食の補助等、さまざまな支援を行っています。

また、通常の学級に在籍している学習活動やコミュニケーションの取りかた等に困難を感じている児童生徒を対象に、障害等の状態に応じた特別な指導を行う通級指導教室を市内の小学校に5校、中学校に1校設置し、それぞれの子どもに応じた支援に努めています。

 

  • 箕面市の支援教育の詳細については以下のリンクをご覧ください。

箕面市支援保育・支援教育推進ハンドブック(PDF:5,808KB)

  • もみじだより平成29年度6月号に「ともに学び、ともに育つ」支援教育の取り組みが掲載されています。

もみじだよりのページ

  • 支援を必要とする子どもたちとともに過ごすことで、まわりの子どもたちにもよい影響があることが、「箕面子どもステップアップ調査」の結果に出ています。詳細は以下のリンクをご覧ください。

箕面の教育「箕面子どもステップアップ調査」の分析結果(PDF:92KB)

 

人権施策課の取り組み

  • 人権施策課の事業の詳細については以下のリンクをご覧ください。

人権施策課

 

発達障害に関する教職員等の理解啓発・専門性向上事業(特別支援教育の視点を踏まえた学校経営構築研究開発事業)

国からの委託を受け、箕面市では萱野東小学校において「特別支援教育の視点を踏まえた学校経営構築研究開発事業」に取り組んでいます。

この事業は、特別支援学級や通常の学級に在籍するすべての支援の必要な児童を、学校体制の中で早期にかつ継続的に支援していく校内支援委員会等の体制づくりを進め、すべての教職員の特別支援教育や発達障害に関する専門性を向上させ、児童の困り感に早期に気づき、校内支援委員会につないでいくこと、また、日々の学級経営の中ですべての子どもにとってわかりやすい授業づくりができることを目指して、研修会、研究授業等を実施しています。

 

 

関連リンク

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局人権施策課 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6921

ファックス番号:072-724-6010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?