• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > 教育 > 新放課後モデル事業

ここから本文です。

更新日:2017年2月1日

新放課後モデル事業

「新放課後モデル事業」は、児童により充実した放課後、土曜日及び長期休業中の居場所を提供するため、従来の学童保育事業、遊び場開放事業(夏季休業中は居場所づくり事業)に加え、学習・運動・体験の「活動プログラム」及び宿題に取り組む「スタディルーム」を用意し、参加を希望する児童なら誰でも自由に選んで参加できる新しい取り組みです。
平成25年度より豊川北小学校と中小学校の2校で先行スタートしています。

事業内容

目的

  • すべての児童に、安全安心で学習も遊びも充実し、仲間づくりもできる有意義な居場所を提供する
  • 放課後等を活用し、児童の学力・体力向上の教育的課題に取り組む

実施日

  • 給食のある月曜日から金曜日
    放課後から午後5時
    ※学童保育延長は午後7時まで
  • 土曜日
    午前8時から午後5時
  • 長期休業中の月曜日から金曜日
    午前8時から午後5時
    ※学童保育延長は午後7時まで

日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日から1月3日)はお休みとなります。

対象

  • 小学校1年生から6年生までの希望する全児童
    ※活動プログラムには定員があるため、事前申し込みが必要となります。
  • 学童保育の対象児童は、保護者が就労等により放課後に児童を監護することができない家庭の児童及び、障がいのある児童です。

費用

  • 無料
    ※一部の体験プログラム等において、材料費などの実費が必要な場合があります。

学童保育は、これまでどおり有料です。(月額5700円、延長保育日額250円)

その他

  • 児童の参加にあたって、個別の支援が必要な場合は、各校に常駐している指導員責任者(コーディネーター)にご相談ください。
  • 指導員は、教員・保育士資格の保有者または学童保育指導員経験者などです。

 

プログラム紹介(平成25年度実施分)

プログラム紹介(平成26年度実施分)

プログラム紹介(平成27年度実施分)

プログラム紹介(平成28年度実施分)

アンケート結果について

新放課後モデル事業の利用状況や効果を確認することを目的として、児童及び保護者に対してアンケート調査を実施しました。

平成25年9月実施分

平成26年9月実施分

事業検証(中間報告)について

4月以降の取組について教育委員会において検証した内容について以下の資料のとおりお知らせします。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局学校生活支援課 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-6736

ファックス番号:072-724-6010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?