• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 広報 > 報道資料 > 平成23年度報道資料 > (報道資料)「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」受賞作品が決定しました!

ここから本文です。

更新日:2011年10月4日

(報道資料)「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」受賞作品が決定しました!

箕面市は、「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」にノミネートされた本の中から、小・中学校の子どもたちが投票した結果をもとに、絵本賞・作品賞・ヤングアダルト作品賞の受賞3作品を決定しました。

この賞は、昨年の「国民読書年」を契機に創設した賞で、子どもたちの読書意欲を高めることを目的として、「子どもたちから支持されている本を、子どもたち自身が選ぶ」全国でも珍しい取り組みです。

授賞式は、11月13日(日曜日)、箕面市立メイプルホールで子どもたちの運営のもと行われ、受賞作家を招いた講演などを予定しています。また、各学校へのオーサービジット(受賞作家などの学校訪問)も予定しています。

1.概要

箕面市では、平成4年から市立小・中学校に専任の学校図書館司書の配置を始め、平成10年に全小・中学校への配置を完了し、全国に先駆けて子どもたちの読書活動を推進してきました。

箕面市は、昨年の「国民読書年」を契機に、読書活動のさらなる推進をはかり、子どもたちの読書意欲を高めることを目的として「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」を創設しました。

この賞は、「子どもたちから支持されている本を、子どもたち自身が選ぶ」全国でも珍しい取り組みです。

2.各部門受賞作品

今年も昨年に引き続き、全・小中学校をあげて6月からスタートしました。

この度、子どもたちが夏休みを利用して読んだノミネート本を対象に、9月に小・中学校で投票を行った結果、下記3部門の受賞作品が決定しました。

 絵本賞

作品賞

ヤングアダルト作品賞

「100かいだてのいえ」

「恐竜の谷の大冒険」

「フリーター、家を買う。」

jushousakuhin

 

いわいとしお(偕成社)

メアリー・ポープ・オズボーン

食野雅子訳(メディアファクトリー)

有川浩(幻冬舎)

2,219票/6,815票中

小学1~6年生による投票

869票/4,284票中

小学3~6年生による投

727票/2,769票中

中学1~3年生による投票

 

3.予定スケジュール

6月9日(木曜日)

昨年子どもたちに支持された本の中から、ノミネート本を発表し、受賞作品の選考をスタート

6月~8月

子どもたちが読書し、受賞作品を選考

9月

市立小・中学校の子どもたちが、部門ごとに投票

11月13日(日曜日)

子どもたちの運営による授賞式を開催

11月~翌年1月

各小・中学校へのオーサービジット(受賞作家などの学校訪問)

 

4.授賞式

日時

平成23年(2011年)11月13日(日曜日)午後開式予定

場所

箕面市立メイプルホール大ホール

概要

受賞作家などを招いて、授賞式や講演を予定

 

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局学校教育室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6761

ファックス番号:072-724-6010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?