• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > 市政 > 広報 > 報道資料 > 平成25年度報道資料 > (報道資料)小学1年生から英語教育を実施します~平成27年度から、毎日、英語に触れて使える英語を身につけます~

ここから本文です。

更新日:2014年2月6日

(報道資料)小学1年生から英語教育を実施します~平成27年度から、毎日、英語に触れて使える英語を身につけます~

箕面市では、世界で活躍できる子どもたちを育てるため、平成27年度から全市立小学校の全学年で英語教育を毎日実施します。また、中学校の英語教育でも、授業時間数を増やすなど学習環境を拡充します。
現在、国では、平成32年(2020年)から小学校での英語教育の拡充強化、中学校での英語教育の高度化など、小中学校を通じた英語教育全体の抜本的充実を検討しています。
箕面市では、こうした国の動きを受け、国に先駆けて、平成27年度から英語教育を本格実施することとし、平成26年度に英語教育のカリキュラムや指導案づくり、教員の英語力強化研修などを行うとともに、2学期(平成26年9月)から英語教育の試行を開始します。

1.平成27年度から実施する英語教育について

箕面市では、世界で活躍できる子どもたちを育てるため、平成27年度から全市立小学校の全学年で英語教育を毎日実施します。また、中学校の英語教育でも、授業時間数を増やすなど学習環境を拡充します。

(1)小学校

【対象学年】1年生から6年生
【授業時間数】毎日15分間の英語教育の時間を確保します。
これに加えて、3年生以上は週1回程度の1時限(45分)授業の実施をめざします。
【授業内容】1年生~4年生:英語のビデオなどデジタル教材を活用した活動型授業
5年生~6年生:中学校英語へ向けた初歩的な教科型授業

(2)中学校

【対象学年】1年生から3年生
【授業時間数】全学年、1週間あたり5時限(1時限50分)の授業時間数の確保をめざします。
【授業内容】週2時限程度は、すべて英語による授業の実施をめざします。

(3)関連事業

通常授業に加え、総合学習の時間などをさらに活用し、国際理解や多文化共生に関する教育の充実を図ります。また、本市の友好都市であるニュージーランドのハット市との交流や、子どもたちを対象に英語のみで屋外活動をするサマーキャンプの実施を検討しています。

2.現状と国の動き

現在、小学校では5・6年生を対象に年間35単位時間(週1回程度)の「外国語活動」が学習指導要領により必修化されていますが、国では、平成32年(2020年)から、小中学校を通じた英語教育全体の抜本的充実を検討しています。これにより、小学校では3・4年生も週1回程度の英語教育を実施、中学校では授業を英語で行うなど拡充強化される見通しです。
箕面市では、現在、小学校5・6年生を対象に外国人ALT(外国語指導助手)を活用し英語教育を行っていますが、こうした国の動きを受け、国に先駆けて、英語教育を充実・強化するものです。

3.平成26年度の実施内容について

平成27年度からの英語教育の本格実施に向けて、平成26年度に英語教育のカリキュラムや指導案づくり、教員の英語力強化研修などを行うとともに、2学期(平成26年9月)から英語教育の試行を開始します。

(1)英語教育の試行

  1. 2学期から英語教育を試行
    平成26年度の1学期に策定したカリキュラム・指導案をもとに、2学期(9月)から英語教育の試行を開始し、本格実施に向けた検証を行います。
  2. 小中学校の全クラスに電子黒板を設置
    平成26年度に全小中学校へ導入予定の電子黒板を活用して、ネイティブの発音やアクセントを身につけ、より効果的な英語教育を行います。

(2)指導体制の充実

  1. 教員への研修
    英語教育を充実させるため、小学校教員と中学校英語教員を対象に、英語力強化研修や英語授業づくり研修などを実施します。また、外国人ALT(外国語指導助手)の雇用時間を延長し、授業時間数の増加に対応します。
  2. 小中一貫したカリキュラムや教材の作成について
    小中一貫した英語教育の実現をめざし、各小中学校の英語教育を推進する教員リーダーを決め、英語推進研究会を設置するなど、小中学校の先生が連携して、カリキュラムや指導案づくり及び教材教具の準備を進めます。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども未来創造局教育センター 

箕面市船場西3-8-22

電話番号:072-727-5112

ファックス番号:072-727-4089

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?