箕面市 > 市政 > 広報・広聴 > 広報 > 報道資料 > 平成24年度報道資料 > (報道資料)東日本大震災 被災地支援職員の記録集をまとめました

更新日:2013年3月13日

ここから本文です。

(報道資料)東日本大震災 被災地支援職員の記録集をまとめました

箕面市では、東日本大震災の発災直後から、継続して被災地に職員を派遣し、復旧・復興の支援を続けています。
このたび、東日本大震災2周年追悼の一環として、この2年間に派遣された職員たちが書いてきた報告書、手記、現地からのレポートなどの記録をとりまとめました。

これらの記録が、読まれた皆さんの被災地への思いを改めて強くし、息の長い復興支援への力となることを願っています。

また、市民の命を預かる我々自治体職員の、自らの防災体制の強化に取り組む貴重な資料として役立てていきます。

1記録集について

記録集には、これまで被災地に派遣されてきた職員、及び、現在派遣中の職員、計34人の記録を編集しています。
公表は、箕面市ホームページに掲載しています。
http://www.city.minoh.lg.jp/kurashi/bousai/daisinsai/shien_kirokushuu_2shuunenn.html

記録集の表紙イメージ

記録集表紙イメージ

【主な内容】

 

種類 内容 掲載数
派遣報告書 帰任直後に職場に提出した報告書

11本

職員手記 帰任後、半年~1年経過してから書いた雑感など

27本

現地からのレポート 派遣中に職場に送ったメールや「撮れたて箕面ブログ」(箕面市の公式ブログ)に掲載した現地からの報告など

8本


【その他の記事】

  • 草の根支援の記録・・・募金活動、救援物資、義援金寄付など、一般市民の方々からの温かい支援の記録です。「撮れたて箕面ブログ」に掲載した記事32本を掲載しています。
  • 東日本大震災を教訓にした箕面市の防災改革・・・震災の教訓を箕面市の防災体制に活かすため、足掛け2年で取り組んだ防災改革の概要を掲載しています。

 

2職員の派遣について

箕面市では、発災当日に被災地に向けて出発した緊急消防援助隊を皮切りに、のべ39名の職員を派遣し、さまざまな分野で復旧・復興を支援しています。

(1)これまでの派遣実績

 

期間

支援内容

派遣職員数

派遣先

短期派遣 緊急消防援助隊

16名

岩手県釜石市・岩手県大槌町
  避難所支援

4名

岩手県大槌町
  給水支援

8名

岩手県大船渡市
  保健業務支援

1名

岩手県山田町
中・長期派遣 保健業務支援

3名

岩手県宮古市・岩手県大槌町
  学校建設・営繕支援

2名

岩手県大槌町
  戸籍事務支援

2名

岩手県大槌町

(注)「短期派遣」は数日~2週間程度、「中・長期派遣」は1か月~1年程度

 

(2)現在派遣中

期間

支援内容

派遣職員数

派遣先

中・長期 計画策定、用地買収支援 1名 岩手県大槌町
  学校建設・営繕支援 1名 岩手県大槌町
  予算執行管理、補助金申請支援 1名 岩手県大槌町

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部市民安全政策室 

箕面市西小路4‐6‐1

電話番号:072-724-6750

ファックス番号:072-724-6376

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

Ready to move? 箕面に住む?

妊娠から育児、学校のことまで ぜんぶわかるみのお子育て情報

見どころいっぱい 楽しみ方いろいろ ぷらっと 箕面さんぽ

箕面の情報を「イマだけ、ココだけ、あなただけに!」 みのおどっとネット