• ホーム
  • くらし
  • ビジネス
  • 観光
  • 市政

箕面市 > くらし > ペット・動物 > 有害鳥獣(シカ・イノシシ・アライグマなど)の対策

ここから本文です。

更新日:2016年9月20日

有害鳥獣(シカ・イノシシ・アライグマなど)の対策

箕面市は大阪府の被害対策計画に基づいて有害鳥獣を捕獲しています。

大阪府の鳥獣被害対策

 

箕面市の鳥獣被害対策

シカやイノシシなどの大型鳥獣が市街地や農地に出没した場合には、大阪府猟友会箕面支部にお願いしてすみやかに駆除を実施しています。

また、アライグマやイタチは放置しておくと農作物をあらしたり、住宅に侵入するなどの被害が発生する場合がありますので、捕獲器を貸し出ししています。

シカ・イノシシ

箕面市では、大阪府猟友会箕面支部の協力のもとシカとイノシシの生息状況を事前に調査をしたうえで、十分に安全対策に配慮しながら、有害鳥獣駆除を実施しています。

ryoyukai-syugousyashin

(公益社団法人)大阪府猟友会(外部サイトへリンク)

 

 

sika

 

 

 

シカの繁殖は年1回。

5月から7月にかけて1頭のこどもを産みます。

 

 

inosisi

 

 

 

イノシシの繁殖は年1回。

春に2頭から8頭のこどもを産みます。

 

 

アライグマ

araiguma

 

 

 

 

アライグマの繁殖は年1回。

春に3頭から6頭のこどもを産みます。

 

 

 

 

 

 

ori

アライグマ捕獲器

箕面市ではアライグマの捕獲器を貸し出ししています。
環境動物室までご相談ください。

イタチ

 

イタチの繁殖は年1回。

春に平均で3頭から6頭のこどもを産みます。

                                    itachi

itachiori

イタチ用捕獲器

箕面市ではイタチの捕獲器を貸し出しています。
環境動物室までご相談ください。

カラス・ハトなどの鳥類

 

サルについて

 

シカ・イノシシ・アライグマの捕獲状況

区分

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度

平成27年度

シカ

有害駆除

22

50

97

117

131

121

狩猟

82

70

81

69

84

73

学術

0

0

0

0

35

100

イノシシ

有害駆除

30

29

61

49

77

27

狩猟

83

38

18

18

33

9

学術

0

0

0

0

7

18

アライグマ

有害駆除

50

6

24

31

40

8

単位:頭

【有害駆除】は市街地や農地に出没する鳥獣を市民や農作物から守るために捕獲するものです。
【狩猟】は狩猟期(毎年11月15日から3月15日)に狩猟免許を取得している狩猟者が、猟区内で箱わなや銃を用いて捕獲するものです。

【学術】は林野庁が国有林で学術目的で捕獲するものです。

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課室:みどりまちづくり部環境動物室 

箕面市西小路4-6-1

電話番号:072-724-7039

ファックス番号:072-723-5581

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は分かりやすかったですか?

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?